アメリカの探偵と日本の探偵では違いがあります。

探偵の成功報酬を検証

アメリカの探偵は、日本よりやれる事が多いです。

日本もアメリカも先進国ですが、探偵に限っていえば、 アメリカの方が日本よりも先を行っています。なぜなら、アメリカの探偵は日本の探偵よりもできる調査が幅広いからです。

 

例えば、アメリカの探偵はクレジットカードの顧客情報などの個人情報を見ることができます。また、警察と連携して犯人を捕まえる事もできます。それに、探偵が警備員になる事もあります。

 

日本では探偵ができる範囲内の行動といえば、尾行や聞き取りなどの、自分の足で情報を集める事です。しかしアメリカでは、個人情報を見れてしまう権限があります。これは大きな違いです。

 

だからこそ、アメリカでは探偵になるために資格が必要です。その資格を取得するためには、職業訓練や業務に何年かついていないと取得できないなどの厳しい条件がついています。
確かに、そうでないと個人情報を見られたら、誰かにしゃべってしまうという恐れもでてきます。

 

日本もアメリカのように、探偵ができる行動を広げれば、探偵を利用する人が増えるかもしれません。また、調査内容に厚みがでてくるかもしれません。
そのためにも、探偵のありかたを根本から変えるような法律が必要です。
日本がそうなるのは、まだまだ先のようです。


ホーム サイトマップ